Jコーポレーション
緊急地震速報
以下は、「東南海」「南海」の津波の予想高さの分布図ですが、東南海地震南海地震は、海溝型の地震であるため、
巨大な津波が発生すると思われます。
 (津波について詳しくは、「津波 Tsunami」を参考にして下さい。)
図をご覧になると分かると思いますが、津波の影響が小さな場所でも2mちかく、場所によっては12mを越す巨大津波
が襲い、甚大な建物及び人的被害が心配されています。

地震発生後10分以内に津波が到達する地域もありますので、自分が住んでる所の状況を知っておくことも重要です。
北海道 秋田県 北海道 北方四島 東京都 小笠原諸島 沖縄県 岩手県 山形県 宮城県 新潟県 福島県 栃木県 茨城県 群馬県 千葉県 埼玉県 東京都 神奈川県 静岡県 山梨県 長野県 富山県 石川県 岐阜県 愛知県 三重県 福井県 滋賀県 奈良県 和歌山県 京都府 大阪府 兵庫県 鳥取県 岡山県 島根県 広島県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県 福岡県 大分県 佐賀県 宮崎県 東京都 伊豆諸島 鹿児島県 熊本県 長崎県 青森県 南海地震 震度分布図 東南海地震 震度分布図
東南海地震 南海地震 東海地震 津波予想
緊急地震速報
東南海地震 南海地震 東海地震 津波予想
東南海地震 南海地震 東海地震 津波予想
東海地震・東南海地震・南海地震
阪神・淡路大震災 被害
阪神・淡路大震災 被害
緊急地震速報
Close
5メートルの津波でも、2階部分まで水がきます。
いつ発生しても不思議でない、「東海」「東南海」「南海」の大地震。
中央防災会議は、「東海」「東南海」「南海」の3地震が同時発生した場合の被害想定を公表ました。
発生時刻などで被害状況は変わるものの、最悪の場合、
死者は約2万4700人、震度7の激しい揺れや10メートルを
超える津波
約96万棟の住宅などが全壊、経済被害は約81兆円に達するとしています。

東海地震警戒宣言も津波も警告 「デジタルもぐら」  新登場!

緊急地震速報を受信してから巨大地震が来るまでの猶予時間、及び比較的大きな過去の地震おける実際の猶予時間
をご覧になって下さい。  「地震が来るまでの猶予時間」
「ゆれやすさマップ」
以下は、「東海」「東南海」「南海」の予想震度分布図ですが、多くの地域で震度5以上を記録、震度6を超える地域は
人口密集地域も多くその被害が心配されます。
これらの地震は海溝型の地震であるため、津波の心配がより大きな被害をもたらすので、海岸付近では特に警戒が
必要になります。
 地震を事前に知る 緊急地震速報とは 地震の発生確率 マグニチュードと震度
 「ゆれやすさ」マップ 東海・東南海・南海地震  津波  地震被害 

デジタルなまず 気象庁−緊急地震速報 

東海地震、東南海地震、南海地震 発生確率

中央防災会議資料より作成
東南海地震 南海地震 東海地震 震度
「東南海地震」「南海地震」をクリックすると、詳細な震度分布図を表示します。

能登半島沖地震〜岩手沿岸北部地震における猶予時間、デジタルなまずの発報事例

東海地震は、明日にでも発生しても不思議でない状態です。
又、東南海地震南海地震日本最大級の地震と言われています。
今まで同時に発生するか、あるいは先ず東南海地震が発生し、その後2年以内に南海地震が発生している事実が
あるので、より注意が必要になります。

いつ発生しても不思議でない、「東海」「東南海」「南海」地震の発生確率を考えてみました。
「地震の発生確率」 を参考にして下さい。
       

阪神・淡路大震災では、死傷者の約
80%以上の死因が建物の倒壊による窒息死・圧死、同じく負傷者の約80%
以上が、建物が倒壊、家具などの転倒による負傷でした。
地震の発生時刻、状況により被害予測は異なりますが、「東海」 「東南海」 「南海」地震により、約2万人が建物の
下敷きになり圧死、窒息死
で死傷することも考えられます。

ほとんどの地域において、震度5以上の揺れを感じ、震度5強を超えると
歩行が困難になるため、突然襲ってくる
地震の場合には家屋から逃げることも出来ません。
早急に、耐震対策・家具の固定など防災対策をとることが重要ですし、「緊急地震速報」の活用をお薦めします。
また、「ゆれやすさマップ」でお住まいの場所が、より「ゆれやすいか」をチェックして下さい。
お問合せは 総合窓口 059-223-7774   mailでのお問合せ mail question
J コーポレーション